うつ病

うつ病とは?

人は誰でも悲しいことや失敗を体験すると、落ち込んだり憂うつになりますが、多くは時間がたてばもとに戻ります。ところが、落ち込んだ気分が長く続き、生活に支障がでる場合を「うつ病」といいます。

うつ病になりやすいタイプは?

うつ病になりやすいタイプは?
  • 仕事熱心、生真面目、几帳面、物事に徹底的にこだわる人
  • 世間の秩序を守り、常識を大切にし、いつも他人に気を使う人など

※いずれも、周囲から頼りにされる好ましい性格ですが、ストレスに対してゆとりがなく、環境の変化に適応することが苦手で、必要以上に責任を感じてしまいます。ただし、このようなタイプの人すべてがうつ病になるとういわけではありません。

うつ病の原因は?

心理的な負担

仕事量の増加や育児、家庭内のトラブルによる過労。職場の配置換えや引っ越しなどの環境変化。子供の独り立ちや、肉親の死去などの喪失体験。

身体的な負担

妊娠、出産、更年期(閉経)、月経、リウマチ、老年痴呆、脳梗塞後遺症など。

薬の副作用

高血圧治療薬、経口避妊薬、副腎皮質ホルモン、インターフェロモンなど。


※女性の場合は、夫や子供など家庭内の問題や、妊娠、出産、更年期など女性特有の出来事が原因となることがよくあります。

うつ病の症状

うつ病の症状

気分の症状

気分が落ち込む。自信がなくなる。

思考の症状

集中力、判断力の低下。悲観的で自責的な考え方になる。

意欲の症状

気分がなくなる。おっくうになる。楽しいと感じられずに興味がわかなくなる。

身体の症状

不眠、食欲低下、だるい、肩こり、頭が重い、胃の不快感、便秘、性欲低下

女性のうつ病の特徴

出産後のうつ病

出産後のうつ病

出産後は赤ちゃんの授乳に追われ、心身ともに負担の大きい時期です。この時期に、「気分がふさぐ」「涙もろくなる」「赤ちゃんが健康に育っていない気がする」「からだの調子が悪い」などと感じることがあります。『マタニティーブルー』といわれる状態ですが、多くは自然によくなります。しかし、この状態が長く続いたり、不眠が起こったら、「出産後のうつ病」の可能性があります。

更年期うつ病

更年期うつ病

閉経を迎える時期は、女性ホルモンのバランスの乱れによる身体の不調に加えて、夫の仕事に関する気苦労、子供の自立、親の高齢化をめぐる心配事など、心理的なストレスが絶えない時期です。症状としては、ほてり、発汗(寝汗が多い)、肩こり、めまい、頭重、腰痛、手足の冷えなどの更年期特有の身体症状に加え、やる気が起きない、楽しさが感じられない、不安・いらいら感、女性ホルモンによる治療が効果的な場合もあります。

適応障害

うつ病とは違いますが、症状の似たものとして「適応障害」があります。適応障害はある程度原因がはっきりとしている点が違います。ストレスが原因で社会や生活にうまく適応できない病気です。詳しくは適応障害のページをご覧ください。

適応障害

うつ病は治るのか?

うつ病はきちんと治療を受ければよくなります。治療の基本は、薬(抗うつ薬)を飲むこと、休養をとることです。

うつ病は治るのか?

パニック障害